商品ラインアップ

  • プライベート・リザーブプライベート・リザーブ
  • マリコ・ヴィンヤードマリコ・ヴィンヤード
  • ディストリクトディストリクト
  • スタンダードスタンダード
  • 日本のあわ日本のあわ
  • 日本の地ワイン日本の地ワイン

ディストリクトシリーズ

シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネChateau Mercian Niitsuru Chardonnay

2016

収量制限区のシャルドネによる
新鶴のテロワールを反映したワイン

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のムニエルやチキンのクリームソース掛けなどと合わせていただきたい1本です。
概要
福島県会津地方の新鶴地区。栽培農家による努力と雨よけというアイデアが功を奏し、健全で充分に成熟したブドウを収穫できます。新鶴のテロワールを反映したトロピカルな香味がしっかりと表現された個性豊かな味わいが特徴です。「シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ」は、全て収量制限区の凝縮されたブドウを使用しています。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 高瀬 秀樹

色合いは綺麗な輝きのある黄色。パイナップルや温暖な地方の柑橘類の香りをトップに捉えた後、樽発酵・樽育成に由来するアーモンド、焼いたパン、イーストのような香りを感じます。口中、柔らかく丸い酸を捉えた後、アフターには、バター、ナッツなどのニュアンスがバランスよく広がります。
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

【2016年について】
平年の平均気温を上回る暖冬で降雪は少なく、萌芽は近年で最も早い4月中旬に確認されました。降雨が少なく気温が高い時期が続き、開花は5月下旬となり短日のうちに満開を迎え、ヴェレゾン(色づき)は過去最速の7月下旬となりました。台風や湿った空気が流れ込んだ8月下旬からの降水量は多かったものの、雨よけ施設により、健全なブドウを収穫することができました。
基本情報
【産地】
福島県会津美里町新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
棚式栽培
【収穫】
9月中旬~9月下旬収穫
【発酵】
オーク樽にて
22~24度で 約14日間発酵
【育成】
オーク樽にて約5カ月間育成
【生産本数】
約7,700本

2015

熟成ブドウのハリと心地よい酸味

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のムニエルやチキンのクリームソース掛けなどと合わせたい1本です。
概要
福島県会津地方新鶴地区の収穫量を抑えて栽培した畑のシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨除け施設を設けることで収穫前の雨を凌ぎ、ブドウを十分に成熟させることができるようになり、ワインの品質が大幅に高まりました。ハリのある若々しさと心地よい酸味が楽しめるワインです。
テイスティングコメント
綺麗な輝きのある黄色。マンゴー、パイナップルなどトロピカルフルーツをトップに感じた後、樽発酵・育成に由来する香ばしいアーモンド、焼いたパン、カフェをアフターに感じる。口中、柔らかく丸い酸を捉えた後、バター、ナッツなどのニュアンスがバランス良く広がる。(2016年6月)
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
棚式栽培
【収穫】
9月中旬~10月上旬
【発酵】
オーク樽発酵 18~22度 約20日間
【育成】
オーク樽育成 約5カ月
【生産本数】
約6,750本

2014

熟成ブドウのハリと心地よい酸味

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のムニエルやチキンのクリームソース掛けなどと合わせたい1本です。
概要
福島県会津地方新鶴地区の収穫量を抑えて栽培した畑のシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨除け施設を設けることで収穫前の雨を凌ぎ、ブドウを十分に成熟させることができるようになり、ワインの品質が大幅に高まりました。ハリのある若々しさと心地よい酸味が楽しめるワインです。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
棚式栽培
【収穫】
9月中旬~10月上旬
【発酵】
オーク樽発酵 18~22度 約20日間
【育成】
オーク樽育成 約5カ月
【生産本数】
約5,000本

2013

熟成ブドウのハリと心地よい酸味

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のムニエルやチキンのクリームソース掛けなどと合わせたい1本です。
概要
福島県大沼郡新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。ハリのある若々しさと心地よい酸味が楽しめるワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 生駒 元

色調はきれいな輝きのある黄色。オレンジやレモンなどの柑橘、白い花の優しい香りがトップに来た後に、樽発酵・育成由来の香ばしいアーモンドや焼いたパン、イーストのような香りも顔を出します。口に含むと、酸味が適度に丸く、とても口当たりがなめらか。アフターにかけてバランス良くふくよかにまとまっているワインです。(2014年7月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

3月まで低温で雪解けが遅れ、4月下旬のサクラ開花期には13cmの積雪がありました。安定した天気は5月まで続くものの、日中の気温は上がらず冷涼であったためブドウの生育は遅れました。6月に入り、例年に比べて気温が高く雨の降らない日が続き、雑草が伸びないほどの乾燥状態となり、開花期は平年並みに。梅雨前半は湿度の低いカラっとした天気が続き、2年続きのいい意味での異常気象となりました。7月からは曇天が多く(上旬の1週間は日照37時間)、水田の補水が不要なくらい降雨日数が増えました。湿度が高くて気温が高くない日が多かったものの、直接雨が当たらない「雨よけ」の強みをいかし、また8月からの好天の後押しも受け、糖度と酸度のバランスのとれたブドウを9月中旬より収穫することができました。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
棚式栽培
【収穫】
9月中旬~10月上旬
【発酵】
オーク樽発酵 18~22度 約20日間
【育成】
オーク樽育成 約5カ月
【生産本数】
約4,900本
コメンテーター プロフィール
ワインメーカー 生駒 元
カリフォルニアの名門ワイナリー、『マーカム・ヴィンヤーズ』に駐在し、ワイン造りを学んだワインメーカー。2006年に帰国し、『シャトー・メルシャン』のワインメーカーに就任。カリフォルニアで学んだワイン造りの知見は、『シャトー・メルシャン』において、新風を吹かせている。
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う、『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを作っていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2012

熟成ブドウのハリと心地よい酸味

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のソテー、カボスやレモンをかけたカルパッチョや秋刀魚などと相性が抜群です。
概要
福島県大沼郡新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。ハリのある若々しさと心地よい酸味が楽しめるワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 松山 周平

色調は輝きのあるレモンイエロー。レモンやグレープフルーツのような柑橘の香り、ハーブのようなニュアンス、ナッツやアーモンドを思わせるほのかな香ばしさを感じられる、香り豊かなワインです。口中豊かな果実味が感じられ、優しい酸味が味わいにまろやかさをもたらすバランスの良さを持っています。(2013年5月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

寒く、積雪量の多い冬でした。低温は春先まで続き、4月下旬のウメ満開時にも降雪がありました。ゴールデンウィークに入り、気温が高い日が短期間続き、萌芽、展葉は昨年に比べ1週間早まりました。5月上旬の竜巻により一部の園で雨除けビニールが舞い上がり、資材の湾曲、倒壊被害がありました。開花から結実、落花にかけての梅雨期は降雨が少なく、湿度の低いカラッとした天気の毎日。例年になく朝晩は冷え込み、気象好条件のもとブドウは順調に生育しました。その後もまとまった降雨がなく乾燥状態が続く中、ブドウの成熟は健全に進み、畑ごとに適熟を見極め収穫を行いました。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
棚式栽培
【収穫】
9月中旬~10月上旬
【発酵】
オーク樽発酵 18~22度 約20日間
【育成】
オーク樽育成 約5カ月
【生産本数】
約8,000本
コメンテーター プロフィール
ワインメーカー 松山 周平
栽培・醸造のどちらにも精通し、論理的思考と情緒的観点の両面からワイン造りをとらえることができるワインメーカー。そのテイスティング能力の高さは『シャトー・メルシャン』内でも高い評価を得ている。
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う、『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを作っていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2011

熟成ブドウのハリと心地よい酸味

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のソテー、カボスやレモンをかけたカルパッチョなどと飲みたい1本です。
概要
福島県大沼郡新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。ハリのある若々しさと心地よい酸味が楽しめるワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 松山 周平

輝きのあるレモンイエロー色のワイン。トロピカルなフルーツアロマが豊かに感じられ、オーク樽由来のヴァニラ香が調和する心地よい香り。奥には、柑橘系アロマのニュアンスも見え隠れし、口中優しい酸味と豊かな果実味が広がります。(2012年4月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

冬は前年の大雪(12月25日の初雪)からはじまり、例年になく降雪が多く融雪期間が3カ月と長期にわたりました。サクラの開花は昨年より7日遅れ。4月まで低温傾向で推移したため、ブドウの萌芽は昨年より11日遅れとなりました。5月は暖かい日が続き、生育は5日遅れまで回復。梅雨中期まで雨が少なかったものの、蒸し暑い日が続いたため灰色カビ病が発生しました。栽培家は病気蔓延の原因となる「花カス落とし」を徹底して行いました。ブドウ生育期後期は連日降雨がありましたが、梅雨明けとともに暑さと乾燥状態が続いたため着色期は例年並みの時期となりました。暑さは9月上旬まで続き、中旬からは曇天や雨の日が多くなり一雨ごとに涼しくなっていきました。低温と暑さが交互に訪れた年であったため各園の成熟期にバラつきがあり、熟度に達した園から収穫を行いました。
基本情報
【産地】
福島県大沼郡会津地方新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
棚式栽培
【収穫】
手摘み/9月下旬~10月上旬
【発酵】
オーク樽発酵 18~22度 約20日間
【育成】
オーク樽育成 約5カ月
【生産本数】
約4,600本
コメンテーター プロフィール
ワインメーカー 松山 周平
栽培・醸造のどちらにも精通し、論理的思考と情緒的観点の両面からワイン造りをとらえることができるワインメーカー。そのテイスティング能力の高さは『シャトー・メルシャン』内でも高い評価を得ている。
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う、『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを作っていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2010

熟成ブドウのハリと心地よい酸味

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のソテー、カボスやレモンをかけたカルパッチョと相性をお楽しみください。
概要
福島県大沼郡新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。ハリのある若々しさと心地よい酸味が楽しめるワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 松山 周平

色調は淡いイエロー。レモンやリンゴのようなアロマが心地よく立ち上がり、ハーブやミントのニュアンスも感じられるフレッシュな香り。ミネラル感を思わせるややかたいニュアンスもありますが、まろやかな果実味と優しい酸が広がり、上品さを演出してくれる1本です。(2011年6月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

冬は寒気の影響が小さく高温、少雪でした。4月~6月まで低温・長雨傾向で推移したため、平年に比べ萌芽から開花までの推移が1週間遅れとなりました。7月20日の梅雨明け後は猛暑、少雨が続き、着色期には例年の3日遅れまで回復。暑さは9月上旬まで続きましたが、中旬からは曇天や雨の日が多くなり一雨ごとに涼しくなっていきました。低温と猛烈な暑さが急激に訪れた年であったため各園の成熟期にバラつきがあり、適熟に達した園から順次収穫を行いました。
基本情報
【産地】
福島県会津美里町新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【収穫】
9月下旬~10月中旬
【醸造】
20~23度 オーク樽にて発酵 約2週間
【育成】
オーク樽育成 約5カ月
【生産本数】
約2,600本
コメンテーター プロフィール
ワインメーカー 松山 周平
栽培・醸造のどちらにも精通し、論理的思考と情緒的観点の両面からワイン造りをとらえることができるワインメーカー。そのテイスティング能力の高さは『シャトー・メルシャン』内でも高い評価を得ている。
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う、『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを作っていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2009

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚のマリネや、白海老のパスタ、ささみ肉のサラダ、山羊乳のチーズなど、繊細なタイプのお料理とお楽しみください。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

色は光沢のある、明るい黄色。はつらつとした香りで、レモン、蜜入りリンゴ、少しかための白桃など白い果実が心地よく立ち上っていきます。果実味が充実した味わいで、フレッシュできれいな酸のバランスも極めてよく、上品なシャルドネの姿を見せてくれます。(2010年8月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

冬は寒気の影響が小さく高温、少雪でした。春先の寒の戻りは長続きせず、平年並みの4月中旬に萌芽。高温、少雨傾向で推移したため、新梢は順調に生育しました。6月からは、低気圧や気圧の谷の影響で曇りの日が多く、下旬には晴れの日が続いたもののその後は前線が停滞、太平洋高気圧の張り出しが弱いため梅雨明け宣言も出されず、8月までぐずついた天気が続きました。ブドウは開花から成熟期まで陽を拝むことが少なく、生育は遅れ気味に。湿潤が長く続いた影響で病気が発生しましたが、幸い気温が低く推移したため蔓延は避けられました。9月からは晴れの日が続き日照不足は解消されたものの、真夏の暑い日差しを受けなかった影響で糖度は上がらず、酸が高い状態が続きました。中旬からは気温が高めに推移したため、平年並みの収穫スタートとなりました。
基本情報
【産地】
福島県大沼郡新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
12.5%
【収穫】
手摘み/9月下旬~10月上旬
【醸造】
20~22度でオークの小樽にて14~25日間発酵
【育成】
オーク樽にて5カ月間育成
【生産本数】
約4,800本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う、『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを作っていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2008

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
蒸し魚、ボンゴレビアンコ、ホタテ貝の刺身、野菜とハムのゼリー寄せなど、あまりしつこくなく素材そのものの味わいを楽しむ料理といっしょにどうぞ。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

色調は光沢のある明るい黄色。蜜入りリンゴ、黄桃などの熟した果実に少々マンゴーやヴァニラの香りがプラスされた、ハリのある若々しい香りを持っています。まろやかなアタックで、心地よい酸、なめらかな舌触り、ふくよかさなどとてもバランスの良い味わい。上品さ、みずみずしさも感じられる、ピュアなシャルドネです。(2009年12月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

3、4月は移動性高気圧に覆われ晴れる日が多く気温は高めに推移。ブドウの萌芽は4~5日早まりましたが、展葉から新梢伸長初期の5月は低気圧が本州南岸を進むことが多く天気はぐずつき、周期的な寒気の南下で気温の変動が大きく、ブドウの生育は緩やかとなり開花は平年並みとなりました。6月中旬からの梅雨前線の影響は少なく、8月中旬まで高気圧に覆われ少雨多照傾向で推移。ブドウは順調に生育し収穫期は平年並みとなり、糖度の高い健全果が得られました。
基本情報
【産地】
福島県大沼郡新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
12.5%
【平均樹齢】
30年
【収穫】
9月下旬~10月上旬
【醸造】
18~23度でオークの小樽にて20~24日間発酵
【育成】
オークの小樽(新樽40%)にて6カ月間育成
【生産本数】
4,500本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2007

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
帆立のカルパッチョ、水菜とハムと柑橘類のサラダ、生ガキ、イカのフリットなどの天ぷら系、ボンゴレ・ビアンコなどのおともにしたいワインです。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

フレッシュ感にあふれたきりっとした香り。ライムなどの柑橘類に加えてほんの少し香ばしさも感じますが、全体的にはひかえめな印象です。アタックはなめらかで、とてもフレッシュな酸がいきいきとしているワインです。(2008年9月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

6月までは気温は高めに推移、梅雨入り後の雨量は多かったものの晴天日が多く日照に恵まれ、生育は平年並みでした。7月は雨天、曇天日が多く日照時間が比較的短くなりました。気温が若干低温で推移し生育速度が緩やかになりましたが、8月からは一転し好天に恵まれ、降雨が少なく高温乾燥で推移。生育の遅れは挽回できなかったものの、収穫期を若干遅らせ健全で適熟な果実を収穫できました。
基本情報
【産地】
福島県大沼郡新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
12.9%
【収穫】
10月初旬~中旬
【醸造】
オーク樽発酵 18~23度 20~24日間
【育成】
オーク樽にて6カ月(うち、新樽40%)
【生産本数】
約4,000本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2006

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
タラのグラタン、鶏の照り焼き、穴子の焼き物、グリルした海老、賀茂茄子の味噌田楽などと合わせてみたい1本です。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

フレッシュなリンゴ、洋ナシ、ウエハースのような香ばしさが少々、白桃のネクターのような粘性を思わせる香り、すがすがしいライムなどの柑橘類などが立ち上り、時間とともに上品なト-スティさが加わります。とてもまろやかなアタックで酸もソフトな存在感があり、芯はあるが全体に丸みがある味わいです。(2007年7月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

冬の寒さ厳しく久しぶりの厳冬、会津地方では20年ぶりの大雪となりました。3月に入り、平年に比べ気温も高くなりはじめましたが、4月は一転し低温で推移。春先の萌芽期から5月中旬の展葉期まで、ブドウの生育は約1週間ほど遅れました。6月中旬までは天候に恵まれ生育も回復しつつありましたが、梅雨入り後は曇天が続き雨が少なく日照時間も短くなりました。この間気温は若干低温で推移、生育速度が緩慢となり開花期は昨年に比べ3日の遅れを記録しました。しかし、梅雨明け後は一転し好天に恵まれ、降雨が少なく高温乾燥で推移。生育ステージは平年並みに回復し、健全で適熟な果実の収穫を行うことができました。
基本情報
【産地】
福島県大沼郡会津美里町新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
12.8%
【平均樹齢】
28年
【収穫】
9月20日~10月4日
【醸造】
オーク樽発酵15~26度 20~24日間
【育成】
オーク樽育成 8カ月(新樽47%)
【生産本数】
4,831本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2005

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
帆立貝のバターソテーやキャベツのニンニク・アンチョビ炒め、ヒラメなどの白身魚のソテーに白ワインソースを添えていっしょにいただきたい。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

ふくらみのある甘さを感じる香りで、シナモン風味のアップルパイ、よく熟した白桃、時間を置くとキャラメルやべっ甲飴のような香ばしさも加わり華やかでクリーミー。果実味が充実した味わいで、酸もソフトながら十分な存在感があり、心地よい食感。バランス感覚にすぐれたシャルドネです。(2006年6月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

春先の気温は高めに推移したため、萌芽は例年より1週間ほど早い傾向を示しました。しかし、開花期を迎える頃には平年並みに。梅雨入りから降水量は少なく、梅雨明け後は猛暑が続き25日間の真夏日を記録。生食用の黒系品種は高温障害による着色障害にあいましたが、シャルドネは病気発生がほとんど見られず、露地栽培で18度以上、雨よけ栽培で21度以上と平年に比べ一段と熟度が高い健全果が収穫されました。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
12.8%
【平均樹齢】
27年
【収穫】
10月上旬
【醸造】
樽発酵 18~23度 18~26日間
【育成】
小樽育成 7カ月 (新樽38%)
【生産本数】
3,290本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2004

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
焼き豆腐にトロミをつけた肉味噌をのせたものや、生ハムにローストアーモンドを巻き込んだもの、エビの春巻きなど、香ばしくうまみを感じる料理と合わせたいワインです。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

香りにはまずロースト香を感じ、その後ろによく熟したリンゴや黄桃、そして若干トロピカルなフルーツ系の香りが出てきます。果実のまろやかな甘みが口いっぱいに広がり、酸もソフトで全体的にオイリーな舌触り。ネクターのような、たっぷりとした印象のワインです。(2005年8月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

6月以降は晴天の日が多く6月4日に開花、平年に比べ1週間ほど生育のステージが早い年でした。開花はじめから満開時にいたる日数も7日と短く、良年に見られる好ましい傾向にありました。着色期は7月下旬からはじまり、完了までの期間も平年に比べ短く、ブドウ1粒の重さが平年に比べ軽い傾向にあったことが特徴的。生育ステージの早まりは収穫期まで続き、平年より約1週間早い収穫期を迎え、9月下旬からの収穫となりました。ブドウはほとんど病果が認められない素晴らしい黄金色の健全果であり、1粒当たりの重量が軽い、よく凝縮された果実でした。熟度、また酸とのバランスも申し分ないレベルでしたが、全体の収穫量は少なくなりました。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
12.8%
【平均樹齢】
27年
【収穫】
9月16日、9月29日
【醸造】
樽発酵 12~25度 21日間
【育成】
小樽育成 8カ月(新樽42%)
【生産本数】
3,437本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2003

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
焼きアナゴ、鶏もも肉のフライ、揚げたカレイのアンカケなど、香ばしくコクのある料理に合わせたいワインです。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

ハチミツ、白桃、若いパイナップル、それに香ばしさが加わる、魅力的な香りが立ち上るワインです。味わいは、ふくよかな果実味にソフトながらいきいきとした酸が均衡し、舌触りがとてもなめらか。口中でも優雅な香りが広がっていき、最後にレモンのようなフレッシュさと収れん性が心地よく残る、繊細さと華やかさを兼ね備えたワインです。(2004年8月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

8月の降水量が平年比164%となりましたが、他の月は気温が高く推移しブドウの生育は順調でした。害虫の被害により糖度の上昇が緩やかになりましたが、収穫期を10月中旬まで遅らせることで糖度20度以上の健全なブドウが得られました。このような状況下でも果汁の各組成が非常にバランスのとれた値であり、非常に特異な年だったといえます。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
13.3%
【平均樹齢】
26年
【収穫】
10月上旬
【醸造】
樽発酵 18~23度 14~28日間
【育成】
小樽育成 9カ月(新樽46%)
【生産本数】
3,520本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2002

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
白身魚やチキンをオリーブオイルでこんがりソテーしたり、小ぶりの魚を唐揚げにしておともにしたい1本。
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

ヴァニラ、カラメルなどの香ばしく甘い香りとともに、黄桃やトロピカルフルーツなどの熟した果実の香りが、上品に立ち昇り、口中でも熟した黄桃とカラメルの香りが膨らみ出てきます。ふっくらとしたアタックにはじまり、いきいきとした酸との程よいバランスが楽しめる、なめらかな舌触りでフレッシュ感あふれるワインです。(2003年12月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

春先の気温は高めに推移したため、萌芽は例年より1週間ほど早い傾向を示しました。しかし、開花期を迎える頃には平年並みに。梅雨入りから降水量は少なく、梅雨明け後は猛暑が続き25日間の真夏日を記録。生食用の黒系品種は高温障害による着色障害にあいましたが、シャルドネは病気発生がほとんど見られず、露地栽培で18度以上、雨よけ栽培で21度以上と平年に比べ一段と熟度が高い健全果が収穫されました。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
13.4%
【平均樹齢】
25年
【収穫】
9月上旬
【醸造】
小樽発酵 18~23度 14~28日間
【育成】
小樽育成 9カ月(新樽70%)
【生産本数】
2,519本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2001

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

色は深みのあるイエロー。粘性が高く、暖かい地方に見られる熟した黄色い果実の香りがあらわれています。口に含むと、十分な粘性からふくよかな味わいへとつながっていくワイン。自然なマロラクティック発酵によるものなのか、心地よい酸が主張してくるために飽きのこない味わいに仕上がっています。
※マロラクティック発酵=ワインの中のリンゴ酸が乳酸に変化する現象。味わいにまろやかさや複雑味が付与される。
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

ここ数年続いている暖冬傾向を示す冬を過ぎ、春を迎えたブドウは春先の不順な天候に災いされ、萌芽、展葉がやや不揃いに。その後の気温は平年よりやや高めに推移し、開花期から着色期にかけて順調に推移しました。夏は降雨量も少なく日照時間も多い猛暑で旱魃(かんばつ)気味の中、成熟期は例年に比べて数日早まりました。徹底した収量制限を実施し、成熟も順調に進んだため、例年に増して熟度の揃った健全で糖度の高い、黄金色に色づいたシャルドネが収穫されました。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
13.4%
【平均樹齢】
25年
【収穫】
10月上旬
【醸造】
小樽発酵、ステンレス発酵 18~23度 20日間
【育成】
小樽育成 9カ月(新樽75%)
【生産本数】
1,891本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2000

専門家からも高い評価を受ける熟成のシャルドネ

テイスティングガイド
白(辛口)
概要
福島県新鶴地区の畑で収穫量を抑えて栽培したシャルドネを使用し、産地の個性を引き出したワインに仕上げました。独自の雨よけ施設で収穫前の雨をしのぎブドウを十分に成熟させることで、ワインの品質が大幅に高まりました。多くの専門家、ソムリエなどから高い評価をいただいているワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:名越 康子(なごし やすこ)

やや黄色のニュアンスの強い色調。柑橘系の香りが中心にありながらも、それぞれが出過ぎることなく落ち着いた香りの印象をつくりだしている。味わいの中心は酸味の感じられる若い酒質のもの。飲みやすく、バランスを備えた味わいです。(2001年8月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

2000年、ブドウの生育状況は萌芽、開花、着果と例年並の生育状況でした。真夏の猛暑に続く局地的な大雨による降水量の影響が心配されたものの、9月に入り気候状況が良好に推移、ブドウ果は例年をやや上回る状態で収穫できました。
基本情報
【産地】
福島県新鶴地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
12.5%
【平均樹齢】
24年
【収穫】
10月上旬
【醸造】
樽発酵 18~23度 20日間
【育成】
小樽育成 10カ月
【生産本数】
1,900本
コメンテーター プロフィール
名越 康子(なごし やすこ)
鳥取県出身。ワイン輸入会社勤務を経て、ワイン・ジャーナリストとして独立。ワイン専門誌、ライフスタイル誌などで執筆活動を続ける。2005年、同業かつパートナーでもある柳忠之氏とともに、『シャンパーニュ騎士団』より「シュヴァリエ」を叙任。夫婦同時叙任は世界初。
[Webサイトはこちら]
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

DISTRICT SERIES LINEUP