商品ラインアップ

  • プライベート・リザーブ
  • マリコ・ヴィンヤード
  • ディストリクト
  • スタンダード
  • 日本のあわ
  • 日本の地ワイン

マリコ・ヴィンヤードシリーズ

シャトー・メルシャン
マリコ・ヴィンヤード メルローChateau Mercian Mariko Vineyard Merlot

2014

「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたメルロー

テイスティングガイド
赤(フルボディ)
MARIAGE
デミグラスソースのようなやや濃い味付けのソースを添えたステーキ、香草やペッパーを使ったスパイシーテイストなステーキなどと合わせたい1本です。
概要
メルシャンは日本最高品質のワイン造りを目指すべく長野県上田市丸子地区の陣場台地にて2003年より自社管理畑「椀子ヴィンヤード」を展開しました。着実に土地の個性がワインに現れてきています。このワインは「椀子ヴィンヤード」で育まれたメルローを使用しています。ドライフルーツを思わせる華やかな香りと果実の凝縮感を併せ持っており、非常にバランスの良いワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 高瀬 秀樹

色合いは濃厚な紫色。カシス、ブラックベリーなど凝縮感のある黒い果実に加え、チョコレート、コーヒー、ヴァニラなどの樽育成に由来する香りが複雑に広がります。トップになめし皮や黒コショウのようなスパイシーなニュアンスを捉えた後、しなやかなタンニンの味わいが長い余韻として口中に広がります。
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

【2014年について】
2月に記録的な大雪があったものの大きな被害はなく、春の萌芽から展葉は前年と同様で経過しました。4月と5月は前年より平均気温が高く、開花は例年より数日早く、満開は1週間ほど早く迎えました。6月9日の梅雨入り以降は十分な降雨があり、7月は平年並に推移、気温も上がり適度な降雨で新梢も順調に生育しました。梅雨明けは平年並みで、8月は降雨が多く日照不足であったが、9月は天候が安定し日照時間が長くブドウの熟成が進み糖度も上がり、10月に健全なブドウを収穫できました。
基本情報
【産地】
長野県上田市 椀子(マリコ)ヴィンヤード
【使用品種】
メルロー 主体
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
10月中旬~ 下旬
【発酵】
ステンレスタンクにて
28~30度で約10日間発酵
【育成】
オーク樽にて 約18カ月間育成
【生産本数】
約8,400本

2013

豊かな果実味が魅力のメルロー

テイスティングガイド
赤(フルボディ)
MARIAGE
デミグラスソースのようなやや濃い味付けのソースを添えたステーキや、香草やペッパーを使ったスパイシーテイストなステーキなどと合わせてお召し上がりください。
概要
メルシャンは日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区にて2003年より自社管理畑『椀子(マリコ)ヴィンヤード』を展開し、ブドウの栽培を開始しました。このワインはその『椀子(マリコ)ヴィンヤード』で育まれたメルローを使用しています。ドライフルーツを思わせる香りと果実の凝縮感を併せ持ったボディバランスの良いワインです。
テイスティングコメント
濃厚な紫色。ブラックベリー、プルーンなど凝縮感のある黒い果実に加え、スパイス、チョコレート、ヴァニラ、アーモンドなどの樽育成に由来する香りが複雑に広がる。しなやかなタンニンの味わいが長い余韻とともに口中に広がる。(2015年7月)
基本情報
【産地】
長野県上田市 椀子(マリコ)ヴィンヤード
【使用品種】
メルロー 主体
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
10月中旬~ 下旬
【発酵】
ステンレスタンク 28~30度 約10日間発酵
【育成】
オーク樽育成 約18カ月間
【生産本数】
約9,000本

2012

豊かな果実味が魅力のメルロー

テイスティングガイド
赤(フルボディ)
MARIAGE
デミグラスソースのようなやや濃い味付けのソースを添えたステーキや、香草やペッパーを使ったスパイシーテイストなステーキなどと合わせてお召し上がりください。
概要
メルシャンは日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区にて2003年より自社管理畑『椀子(マリコ)ヴィンヤード』を展開し、ブドウの栽培を開始しました。このワインはその『椀子(マリコ)ヴィンヤード』で育まれたメルローを使用しています。ドライフルーツを思わせる香りと果実の凝縮感を併せ持ったボディバランスの良いワインです。
基本情報
【産地】
長野県上田市 椀子(マリコ)ヴィンヤード
【使用品種】
メルロー主体
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
10月中旬~ 下旬
【発酵】
ステンレスタンク発酵 28~30度、約10日間
【育成】
オーク樽 約18カ月間
【生産本数】
約9,000本

2011

豊かな果実味が魅力のメルロー

テイスティングガイド
赤(フルボディ)
MARIAGE
デミグラスソースのようなやや濃い味付けのソースを添えたステーキや、香草やペッパーを使ったスパイシーテイストなステーキなどと合わせてお召し上がりください。
概要
『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたメルローを100%使用しています。ドライフルーツを思わせる香りと果実の凝縮感を併せ持ったボディバランスの良いワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 小林 弘憲

色調は濃厚な紫色。凝縮感のある黒い果実、樽育成由来のスパイス、チョコレート、ヴァニラ、アーモンドの香りが複雑に広がります。口中ではしなやかなタンニンの味わいが長い余韻とともに感じられ、今後、瓶熟成によるさらなる味わいの進化が期待されます。(2014年7月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

暖冬気味でありながら冬型の気圧配置となる日が多く、大雪となる日もありました。4月は上中旬は高気圧に覆われ晴天が続きましたが、下旬は低気圧や前線の影響で安定した天候が続かず気温も上がりませんでした。5月に入り、上旬は気温が上がらず平年と比べ10日ほど遅れての発芽となりました。下旬は前線や台風の影響で雨が続き、関東甲信地方は27日頃、統計開始以来2番目に早い梅雨入りに。梅雨の間はベト病の発生も確認されましたが、1日中雨の降る日が少なく蔓延は避けられました。7月9日、平年に比べて12日早い梅雨明け。8月は気温の変動が大きく、大気の状態が不安定になる日も少なくありませんでした。病害発生も懸念されましたが、適切な防除の徹底により無事収穫時期を迎えることができました。ソーヴィニヨン・ブランやシャルドネは順調に収穫。9月に上陸した2つの台風によって収穫期のメルローに病害発生の懸念もされましたが、健全なブドウを収穫。カベルネ・ソーヴィニヨンは10月の好天に恵まれ順調に生育しました。
基本情報
【産地】
長野県上田市 椀子(マリコ)ヴィンヤード
【使用品種】
メルロー
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
10月中旬~ 下旬
【発酵】
ステンレスタンク 28~30度、約10日間発酵
【育成】
オーク樽 約18カ月間
【生産本数】
約4,000本
コメンテーター プロフィール
ワインメーカー 小林 弘憲
研究者として多角的な方面からワイン造りを学んできたワインメーカー。ブドウ栽培から醸造・育成にいたる工程の全てにおいて、ワインの品種向上を追求する真摯な姿勢は、『シャトー・メルシャン』のワイン造りに息づいている。
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2009

豊かな果実味が魅力のメルロー

テイスティングガイド
赤(フルボディ)
MARIAGE
デミグラスソースのようなやや濃い味付けのソースを添えたステーキや、香草やペッパーを使ったスパイシーテイストなステーキなどと合わせてお召し上がりください。
概要
『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたメルローを100%使用しています。ドライフルーツを思わせる香りと果実の凝縮感を併せ持ったボディバランスの良いワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 松山 周平

色調は濃厚な紫色。凝縮感のある黒い果実のアロマがトップに現れ、スパイスやスモーキーなニュアンスがほのかに香る。タンニンのしなやかさが味わいの骨格となり、酸のバランスもよく、長期の瓶熟成をも期待できるポテンシャルを感じます。(2012年8月)
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

春先から開花期にかけて降水量は少なめに、日照時間は多めに推移。特に今年の梅雨は空梅雨傾向で、ブドウは順調な結実を迎えました。梅雨明けは例年に比べて早く迎えたものの、その後盆明けまでは不安定な天候の連続。昨年の病害大発生の教訓を踏まえ、防除を徹底的に行い、心配された病害の発生は最小限に抑えることができました。盆明けから収穫期直前までは、まとまった降雨は観測されず、例年以上に気温の日較差の大きい日が増加。このためブドウは理想的な成熟を迎え、糖酸バランスのとれた、満足できる収穫をすることができました。
基本情報
【産地】
長野県上田市 椀子(マリコ)ヴィンヤード
【使用品種】
メルロー 100%
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
手摘み/10月中旬~下旬
【発酵】
ステンレスタンク発酵 28~30度、約10日間
【育成】
オーク樽(新樽95%)育成 約18カ月間
【生産本数】
約4,800本
コメンテーター プロフィール
ワインメーカー 松山 周平
栽培・醸造のどちらにも精通し、論理的思考と情緒的観点の両面からワイン造りをとらえることができるワインメーカー。そのテイスティング能力の高さは『シャトー・メルシャン』内でも高い評価を得ている。
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

2007

豊かな果実味が魅力のメルロー

テイスティングガイド
赤(フルボディ)
MARIAGE
スパイシーな地鶏のグリル、仔牛のカツレツ、牛肉のゴボウ巻きなど、スパイシーさ、あるいは焦がした風味のある料理と合わせて味わいたいワインです。
概要
『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたメルローを100%使用しています。ドライフルーツを思わせる香りと果実の凝縮感を併せ持ったボディバランスの良いワインです。
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

開花前までは降水量が若干多かったものの、6月以降は平年に比べ高温乾燥状態が続き、生育ステージは早めに推移。7月は曇天日が続き、生育は緩慢となりましたが、梅雨明け後の8月からは連日気温の高い日が多くなり、着色開始は8月中旬で平年並み。残暑が長く続き、高温障害による着色不良が心配されましたが、収穫前に冷涼な気候となり色づきがよく、糖度の高いブドウが収穫できました。
基本情報
【産地】
長野県上田市 椀子(マリコ)ヴィンヤード
【使用品種】
メルロー 100%
【容量】
750ml
【アルコール度数】
13%
【収穫】
メルロー 10月上旬
【醸造】
ステンレスタンク、28~32度 約20日間
【育成】
オーク樽 18カ月
【瓶詰め日】
2009年6月8日
コメンテーター プロフィール
ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一
日本各地の栽培農家に栽培指導を行う『シャトー・メルシャン』のブドウ栽培の要。「よいワインを造るために、品質の高いブドウを育てていくことが栽培家の務め」と、日々尽力している。

MARIKO VINEYARD SERIES LINEUP