商品ラインアップ

  • プライベート・リザーブ
  • マリコ・ヴィンヤード
  • ディストリクト
  • スタンダード
  • 日本のあわ
  • 日本の地ワイン

プライベート・リザーブシリーズ

シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫Chateau Mercian Hokushin Chardonnay RDC

2017

北信地区・千曲川右岸の特徴を活かした
シャトー・メルシャン最高峰の白ワイン

テイスティングガイド
白(芳醇な味わいの辛口)
MARIAGE
舌平目など、白身魚のムニエル 地鶏とキノコのホワイトソース煮などと合わせたい1本です。
概要
長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが造られます。
このワインは、千曲川の右岸に位置する高山村、須坂市の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをシャトー・メルシャンで醸造、育成しました。砂礫質の右岸から生み出された、芳醇で複雑なアロマや豊富なミネラル感、しっかりとした骨格を感じられるワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:チーフ・ワインメーカー 安蔵 光弘

色合いはやや緑がかったイエロー。パイナップル、マンゴー、パッションフルーツなどのトロピカルフルーツの香りのほか、 よく熟したグレープフルーツなど柑橘系の香りが支配的で、ヴァニラ、アーモンド、バターなどの樽由来の香りが柔らかく調和します。心地よい酸と豊かな果実味が口中に広がり、長い余韻にミネラル感を感じます。(2018年3月)
ヴィンテージ情報
【2017年について】
3月まで雪解けは進まず、4月中旬までは降霜があり寒い日が続き、萌芽は昨年より5日遅れました。5月以降は平年並みの気候となり暑い日が続き、新梢は一気に生長し、ブドウの開花は昨年より2日遅れまで回復しました。6月下旬から7月上旬は蒸し暑さが続き、7月中旬の梅雨明け後は曇天や降雨による日照不足となりましたが、夏季剪定により風通しを良くするなどして健全なブドウの生長を助けました。その後糖度が上がるのを待ち、平年より2週間遅れて9月下旬から10月にかけて収穫を迎えました。
基本情報
【産地】
長野県北信地区千曲川右岸(高山村、須坂市)
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
9月下旬~10月上旬収穫
【発酵】
オーク樽にて18~21度で約14日間発酵
【育成】
オーク樽にて 約6カ月間育成
【生産本数】
約2,500本

2016

北信地区・千曲川右岸の特徴を活かした
シャトー・メルシャン最高峰の白ワイン

テイスティングガイド
白(芳醇な味わいの辛口)
MARIAGE
サーモンのカルパッチョや白身魚のムニエルなどと合わせたい1本です。
概要
長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが造られます。
このワインは、千曲川の右岸に位置する高山村、須坂市の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをシャトー・メルシャンで醸造、育成しました。砂礫質の右岸から生み出された、芳醇で複雑なアロマや豊富なミネラル感、しっかりとした骨格を感じられるワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 高瀬 秀樹

色合いは濃い黄色。完熟したパイナップルやマンゴーなどのトロピカルフルーツの香りのほかに、ヴァニラ、バター、アーモンドなどの樽由来の香りが複雑に調和します。柔らかな酸と共に豊かな果実味とミネラル感が口中に広がり、長い余韻が感じられます。
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

【2016年について】
稀に見る積雪量の少なさと暖冬により、雪解けは早く、暖かさは春も続きサクラの開花は観測史上2番目に早い4月3日でした。萌芽は例年より2週間ほど早く、開花期は天候に恵まれ着果は均等でした。梅雨期は一時的に大量に降ったものの、丸一日続く雨はなかったため病気の発生はなく、健康的に生育しました。その後天気は一転し秋雨が続いたため、収穫を前倒しし、健全果の確保に努めました。
基本情報
【産地】
長野県北信地区千曲川右岸(高山村、須坂市)
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
9月下旬~10月中旬収穫
【発酵】
オーク樽にて22~24度で約14日間発酵
【育成】
オーク樽にて 約6カ月間育成
【生産本数】
約2,000本

2015

北信地区・千曲川右岸の特徴を最大限表現したシャルドネ

テイスティングガイド
白(芳醇な味わいの辛口)
MARIAGE
柑橘を搾った白身魚のカルパッチョ、サーモンのムニエルなどと合わせたい1本。
概要
長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが作られます。このワインは、千曲川の右岸に位置する高山村、須坂市の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをオーク樽にて発酵・育成したシャトー・メルシャン最高峰の白ワインです。砂礫質の右岸から生み出された芳醇で複雑なアロマや豊富なミネラル感、しっかりとした骨格を感じられるワインです。
テイスティングコメント
黄金色。レモン、グレープフルーツなど柑橘系アロマとヴァニラ、ナッツ、アーモンドなど樽育成に由来する香りをバランスよく捉える。フレッシュな酸と充実したミネラルが口中で持続する。長い余韻とともに、アンズやハチミツなどの香りも現れる。今後、瓶熟成により更なる複雑さが増すと思われる。(2016年7月)
基本情報
【産地】
長野県北信地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
9月下旬~10中旬
【発酵】
オーク樽発酵 20~22度で約20日間
【育成】
オーク樽育成 約6カ月間
【生産本数】
約3,500本

PRIVATE RESERVE SERIES LINEUP