Brand

Philosophy

はじめにブドウありき。
日本でしか造り得ない、
最高のワインを求めて。

「良いワインとは、その土地の気候・風土・生産者によって育まれるブドウを、素直に表現したものある。」という信念をもとに、『シャトー・メルシャン』は「Growing Differences in the World」~違いを育む(世界を知り、日本の個性を育てる)~というコンセプトを掲げ、日本のワインでしか表現できない個性を追求しています。

はじめにブドウありき

「はじめにブドウありき」。これは私たちが掲げる合言葉。

ワインの味わいは、ブドウで決まる。……だからこそ、日本の風土でしか育てられないブドウの個性を最大限に引き出し、日本でしか造り得ない最高のワインを追い求めたい。

それが、創業から今に至るまで受け継がれてきた『シャトー・メルシャン』の大きなテーマとなっています。

フィネス & エレガンス
調和と個性を生み出すために

「Finesse & Elegance(調和のとれた上品な味わい)」。

それは、私たちが目指す味わいをあらわす言葉。欧米の模倣だけでは辿り着けない、日本のワインの「個性」が凝縮された、私たちだけのコンセプトです。

豊かな多様性を生む複数産地での畑づくり。伝統的な醸造技術の継承。科学者との共同研究による先進的な製法の開発……私たちはこの「フィネス & エレガンス」を実現するために、あらゆる方向に目を向け、ワインの未来を切り拓いてきました。この姿勢はこの先も決して変わることはありません。

世界的に認められる
ワイン産地を目指して

『シャトー・メルシャン』は、長い歴史を持った「日本ワインの原点」ともいえるブランドです。私たちが目指す姿は、『シャトー・メルシャン』を通じて、日本が世界的にも優れた個性をもった、ワイン産地として認められること。そして、日本ワインが、その生産国である日本において愛され、親しまれること。だから、私たちは「原点」の座に留まることなく、常に「最先端」に立ち、飽くなき探求と挑戦を続けてきました。

ワイン造りに正解はありません。あるのは、ブドウと向き合い、畑と向き合い、人と向き合い、風土と向き合い、その結果から生まれる味わいだけなのです。

Message

日本のワインの未来を
切り拓くために。

ワイン造りは農業
ワインは農作物

ワインの品質を担うのは、ブドウそのもののポテンシャル。つまり、「ワイン造りは農業であり、ワインは農作物である」と言っても過言ではありません。だから、私たち『シャトー・メルシャン』は、「ブドウ栽培とワイン造りが支え合う」。そんな関係を目指してきました。「城の平ヴィンヤード」や「椀子(マリコ)ヴィンヤード」をはじめとする自社管理農園でのブドウ栽培も、こうした想いからはじまった取り組みのひとつ。自社管理農園だからこそできる試験的な挑戦を推し進め、そこで培った知見や技術を、全国の契約栽培農家の方々に還元していくと同時に、休耕地の活用や、後継者不足などに悩む日本の農業の未来に対して、私たちが「何をすべきか?」「何ができるのか?」を具体的に考え、未来を示してしていく場にもなっています。

海外と国内
双方に向けた挑戦

日本のワイン文化は、まだまだ発展の途上にあります。その中で『シャトー・メルシャン』が担うべき役割……それは、オピニオンリーダーとして、これからの歴史を綴っていくこと。そのために、積極的に海外に情報発信し、日本ワインの価値向上に貢献できるよう、努力を積み重ねてきました。同時に、ワイナリーとの交流や情報提供にも力を入れ、切磋琢磨を重ねながら、日本ワイン全体のレベルアップに向け、さまざまな取り組みを行っています。

ワイナリーでお会いしましょう

農業、産業、文化、歴史……多様な側面から日本のワインの未来を担っていく。私たちが背負うものは決して軽くはありません。しかし、私たちはこのプレッシャーを原動力に変え、日夜、ブドウ栽培やワイン造りに挑んでいます。私たちを支えてくださるのは、お客様の「おいしい」という言葉。ぜひ一度、私たち『シャトー・メルシャン』へお立ち寄りください。私たちのブドウ栽培と、ワイン造りへの想いをより一層感じていただけるはずです。ワイナリースタッフ一同お待ちしています。

シャトー・メルシャン ゼネラル・マネージャー

松尾 弘則

History

140年という時間の中で、
ひたむきに重ねられてきた探求と挑戦の歴史

1877『大日本山梨葡萄酒会社』創立

時代をさかのぼること140年以上も昔のお話……1877年(明治10年)、メルシャンの源流ともいえる『大日本山梨葡萄酒会社』が創立されました。ここに、国産ワインの歴史が幕を開けたのです。

1949『メルシャン』誕生

この年、本格ワイン(※)の戦後第1号ブランド『メルシャン』が誕生しました。造り手たちが目指したのは、「世界に認められる日本のワイン」を造り上げること。これが私たちの新たな挑戦のスタートとなりました。

※甘味料等を混ぜずに造られたワインを本格ワインと定義しています。

1966『メルシャン1962(白)』国際ワインコンクール 金賞
受賞の盾と受賞したワイン

誕生から17年……『メルシャン1962(白)』が、国際ワインコンクールでわが国初の「金賞」を受賞しました。
それは「日本のワイン」が世界に認められた瞬間であり、明治から脈々と受け継がれてきた、ワイン造りへの情熱が結実した証しでもありました。

1970『シャトー・メルシャン』誕生

日本のワイン造りの正統なる後継商品として『シャトー・メルシャン』シリーズが誕生。日本のファインワイン造りの歴史が始まりました。

1976「桔梗ヶ原」でメルローの栽培に着手

数々の実験と研究の結果、「魅力あるファインワインを造るためには、高品質なブドウを育てる風土をつくることから始めなくてはならない」……という結論に辿り着いた『シャトー・メルシャン』は、「桔梗ヶ原」で欧州系のブドウ品種・メルローの栽培に着手。ブドウと向き合うワイン造りの基礎がつくられました。

1984「城の平」でカベルネ・ソーヴィニヨン栽培

「桔梗ヶ原」でのメルロー栽培に続き、自社農園である「城の平」でカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に着手しました。
「日本でのブドウ栽培は棚でなければできない」という、それまでの常識を打ち破り、フランス式垣根仕立てでの栽培に挑戦。ブドウ栽培の新しい方向性を切り拓きました。

1990「北信」で垣根仕立て栽培、棚仕立て栽培を開始

この頃になると、『シャトー・メルシャン』シリーズは、世界の名だたるワインコンクールで数々の金賞などを受賞するまでに成長。日本の風土の個性を活かしたワイン造りへの先駆的な挑戦は開花期を迎えました。
1990年代に入り、「北信」でシャルドネの垣根仕立て栽培を開始。同時に棚仕立て栽培でも短梢剪定で栽植密度を高めたり、収量制限をするなど、『シャトー・メルシャン』の風土づくりへの情熱は大きく広がっていきました。風土づくりとともに、醸造面でも新たなチャレンジを始めました。

1998新たな醸造アドバイザーを迎える

ボルドーの1級シャトーである『シャトー・マルゴー』の総支配人兼最高醸造責任者のポール・ポンタリエ氏が醸造アドバイザーに就任。定期的な技術ミーティングを重ねることで、『シャトー・メルシャン』の目指す「フィネス&エレガンス」のワイン造りにご尽力いただいています。

2003ボルドー大学との共同研究を開始

甲州ブドウに隠された品種特有香を発見。そのポテンシャルを引き出すため、翌2004年よりボルドー大学デュブルデュー研究室との共同研究をスタートさせました。

2003自社栽培畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」植栽

自社栽培畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」を植栽。自社の畑だからこそできる思い切った試みを重ね、最高品質実現へのチャレンジがスタートしました。

2005『シャトー・メルシャン 甲州きいろ香2004』発売

2003年からスタートしたボルドー大学デュブルデュー研究室との共同研究プロジェクト。その成果として『シャトー・メルシャン 甲州きいろ香』が完成。「甲州ワイン」というジャンルにおいて全く新しいスタイルを生み出しました。

2010ワイナリーリニューアル

勝沼に、醸造所・ビジターセンター・資料館・ミュージアム・ヴィンヤードなどを有する新しいワイナリーをオープン。多くの人が訪れ、ワインの魅力や文化に触れる時間をお楽しみいただいています。