産地について

  • 城の平 ヴィンヤード
  • 祝村 ヴィンヤード
  • 甲州市勝沼地区
  • 甲州市岩崎地区
  • 山梨市岩出地区
  • 甲府市玉緒地区
  • 韮崎市穂坂地区
  • 甲斐市双葉地区
  • 笛吹市笛吹地区
  • 北信左岸地区
  • 北信右岸地区
  • 椀子ヴィンヤード
  • 桔梗ヶ原地区
  • 安曇野地区
  • 片岡地区
  • 会津美里朝 新鶴地区
  • 横手市 大森地区

山梨県

シャトー・メルシャン勝沼ワイナリーは、富士山を臨む山梨県・甲府盆地の東側に位置しています。古くから、甲州、マスカット・ベーリーAの産地として有名です。いち早く垣根栽培に取り組んだ自社管理畑「城の平ヴィンヤード」では、1980年代から今に至るまでチャレンジを続け、試行錯誤を繰り返し、そこで得た知見は、全国の契約栽培農家へと伝えられています。シャトー・メルシャンのブドウ栽培技術の向上を担ってきた原点がここにあるのです。

シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー

城の平ヴィンヤード

「城の平ヴィンヤード」は勝沼地区に所有する自社畑で、1984年に日本で最高のカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培するために、垣根式栽培を開始しました。昼夜の寒暖差は大きく、ブドウの成熟に最適な気候条件を備えています。標高550~600mで土壌は粘土質、穏やかな斜面に広がる畑は、日照量も豊かで風通しも良好です。この産地から造られるアイコンワイン『Ortus(オルトゥス)』はラテン語で「起源」を意味し、『城の平』がメルシャンのブドウ栽培の源流であることに由来しています。「城の平ヴィンヤード」のポテンシャルを最大限引き出すために、厳しい栽培管理のもと収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー等をバランスよくブレンドした、ワインです。

標高
550~600m
土壌
粘土質
品種
カベルネ・ソーヴィニヨン、
メルロー、カベルネ・フラン
仕立て型
垣根式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

祝村ヴィンヤード

勝沼ワイナリーのワインギャラリー目の前にあるヴィンヤード。旧祝村のあった場所にちなみ、祝村ヴィンヤードと名付けられました。約20種もの品種を棚仕立てで栽培しており、小さいながらも示唆に富んだ畑です。勝沼ワイナリー限定ワインもこの畑から造られています。

標高
387m
土壌
細粒質湿性褐色低地土
品種
メルロー、シャルドネなど約20種
仕立て型
垣根式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

甲州市 勝沼地区

日本固有のブドウ品種「甲州」の発祥の地とされ、昼夜の温度差が大きく昔からブドウの栽培に適した場所といわれています。

標高
380~450m
土壌
砂礫質・粘土質
品種
甲州、マスカット・ベーリーA
仕立て型
棚式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

甲州市 岩崎地区

甲州市勝沼町の南部。畑の形状は、平坦地と傾斜地とに分かれ、主に砂利質・粘土質となります。ブドウの色づきが良くポリフェノールを多く含んだブドウが栽培されます。この地区の甲州ブドウを使ったワインは、骨太のしっかりとした味わいになります。岩崎地区には、1877年ワイン造りを学ぶためフランスへと旅立った青年、土屋龍憲と高野正誠の子孫が代々受け継いできた甲州の畑「土屋園」「高野園」があります。

標高
380m
土壌
褐色森林土
品種
甲州
仕立て型
棚式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

山梨市 岩出地区

山梨市岩出地区は甲府盆地の北東部・山梨市を流れる笛吹川の右岸、河岸段丘上にあり、砂礫質で水はけの良い地区です。岩がごろごろ出ることから「岩出(いわで)」という名前が付いたそうです。

標高
400m
土壌
普通褐色低地土
品種
甲州
仕立て型
棚式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

甲府市 玉諸地区

笛吹川の右岸に位置しています。また、甲府盆地の真ん中で標高が低く、山梨県内では生育が最も早い地域として知られています。

標高
255m
土壌
斑鉄型グライ低地土
品種
甲州、マスカット・ベーリーA
仕立て型
棚式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

韮崎市 穂坂地区

甲府盆地北西部の丘陵地で、昼夜の温度差が大きいため、キャラクターのしっかりとしたブドウが収穫できます。

標高
350~600m
土壌
赤土粘土質
品種
甲州、マスカット・ベーリーA
仕立て型
棚式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

甲斐市 双葉地区

山梨県北西部の丘陵地に位置します。降水量が少なく日照に恵まれた南向きの傾斜地で、昼夜の温度差が大きいため、白ワインに大切な酸が残り、良質のブドウが収穫されます。

標高
400m
土壌
地褐色森林土
品種
甲州
仕立て型
棚式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

笛吹市 笛吹地区

山梨県中部、笛吹川の左岸に位置します。標高300m程度の平坦な扇状地で、水はけが良く、凝縮されたブドウが得られます。

標高
350m
土壌
礫を含む黒ボク土
品種
甲州
仕立て型
棚式

YAMANASHI AREA MAP

シャトー・メルシャン

長野県

1976年、浅井昭吾(筆名:麻井宇介)が欧州系品種「メルロー」への改植を決断──契約農家を説得して栽培を開始し、今ではメルローの世界的銘醸地となった「桔梗ヶ原」。理想のブドウ栽培地を探し求め、2003年に辿り着いた好適地が、今では海外で高い評価を得るまでに成長した自社管理畑「椀子ヴィンヤード」。この2つの重要な産地に、2018年秋には桔梗ヶ原ワイナリー、2019年には椀子ワイナリーがオープンします。1980年代からシャルドネの契約栽培地であった北信地区は、海外でも高い評価を獲得。2015年ヴィンテージから、土壌特性の異なる千曲川の左岸(粘土質)と右岸(礫質)という、より産地の個性を表現したワインが造られています。

シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原 ワイナリー

北信左岸地区

長野県北部の千曲川沿いの傾斜地に畑が点在しています。千曲川がもたらした沖積土壌は排水性に優れ、気候は雨が少なく、昼夜の温度差も大きいため、シャルドネの熟成に適しています。長野市にある北信地区左岸は粘土質の土壌を多く含み、豊かなアロマ、穏やかな酸味の調和のとれたワインになります。この産地から造られるアイコンワイン「Rivalis(リヴァリス)」はラテン語の川(リバー)を表す言葉から派生した双璧をなすこと(ライバル)を意味する言葉です。

標高
350m前後
土壌
粘土質
品種
シャルドネ
仕立て型
垣根式

北信右岸地区

長野県北部の千曲川沿いの傾斜地に畑が点在しています。千曲川がもたらした沖積土壌は排水性に優れ、気候は雨が少なく、昼夜の温度差も大きいため、シャルドネの熟成に適しています。須坂市、高山村にある北信地区右岸は礫を多く含み、芳醇で複雑なアロマやミネラル感、しっかりとした骨格が感じられるワインになります。この産地から造られるアイコンワイン「Rivalis(リヴァリス)」はラテン語の川(リバー)を表す言葉から派生した双璧をなすこと(ライバル)を意味する言葉です。

標高
400~600m
土壌
砂礫質
品種
シャルドネ、
カベルネ・ソーヴィニヨン
仕立て型
垣根式

NAGANO AREA MAP

シャトー・メルシャン

椀子ヴィンヤード

2003年より自社管理畑としてスタートした椀子ヴィンヤード。「椀子」の名は、6世紀後半にこの一帯が欽明天皇の皇子「椀子(まりこ)皇子」の領地であったという伝説に由来したもの。標高650mの丘陵地に位置した、強粘土質の土壌。広大な土地、恵まれた環境で、新たな最高品質への挑戦がスタートしました。20haを超える雄大な畑を見下ろす場所には、2019年、ワイナリーが完成する予定。畑から醸造を一貫して管理することにより、更なる品質向上を目指します。この産地から造られるアイコンワイン『Omnis(オムニス)』はラテン語で「全て」を意味し、『椀子ヴィンヤード』のテロワールそのもの、ポテンシャルを最大限表現していることに由来しています。

標高
650m
土壌
強粘土質(含礫)
品種
メルロー、シャルドネ、
ソーヴィニヨン・ブラン、
カベルネ・フラン、シラー、
カベルネ・ソーヴィニヨン、
他試験品種
仕立て型
垣根式

NAGANO AREA MAP

シャトー・メルシャン

桔梗ヶ原地区

桔梗ヶ原地区では、1976年からメルローの栽培に挑戦し、1989年、ようやく初リリースした『シャトー・メルシャン 信州桔梗ヶ原メルロー1985』がリュブリアーナ国際ワインコンクールでグランド・ゴールド・メダルを受賞。その後も数多くの受賞を重ね、素晴らしいメルローの産地として世界から高い評価を受けています。標高700m、火山灰土壌の桔梗ヶ原地区のメルローの中から特別な区画を選定した上に、樽セレクションにより厳選された『桔梗ヶ原メルロー』を「Signature(シグナチャー)」と呼んでいます。醸造家が誇りと自信を持ってサインをするにふさわしい、アイコンワイン。2018年秋、桔梗ヶ原ワイナリーがオープン。桔梗ヶ原の新たな挑戦が始まります。

標高
700m
土壌
火山灰土
品種
メルロー
仕立て型
棚式・垣根式

NAGANO AREA MAP

シャトー・メルシャン

安曇野地区

長野県北安曇郡池田町。西は北アルプス、東は中山山地に囲まれた、松本平と呼ばれる大きな盆地の一部に、シャトー・メルシャンの新しい栽培地「安曇野地区」があります。北アルプスの隆起によって運ばれてきた土壌は礫が多く、また傾斜地に位置しているため、非常に水はけの良い土地であり、雨が少なく昼夜の寒暖差が大きいという、ブドウ栽培の好適地です。

標高
580~620m
土壌
礫の多い砂壌土~埴壌土
品種
メルロー、シャルドネ
仕立て型
垣根式

NAGANO AREA MAP

シャトー・メルシャン

片丘地区

2016年、シャトー・メルシャンは、長野県塩尻市片丘地区に約9haの圃場を開き、自社管理によるブドウ栽培を本格的にスタートしました。シャトー・メルシャンとしても初めての、標高約800mの高地でのブドウ栽培。このあたりの年間降雨量は約1000〜1200mm。日照量が豊富で、比較的強い風が吹き抜け、風通しが良く、土壌は石を多く含む礫質土で、収穫の時期は、標高が高い分、桔梗ヶ原より少し遅くなると予想しています。

標高
800m
土壌
礫質土
品種
メルロー、カベルネ・フラン
仕立て型
垣根式

NAGANO AREA MAP

シャトー・メルシャン

福島県

1975年、果実酒の消費量が甘味果実酒を上回り、本格ワインの需要が高まる中、薬用人参の休耕地利用を課題に抱える福島県新鶴村の皆さまから、ブドウ栽培をやってみたいという話が持ち込まれ、契約栽培がスタート。新鶴地区はなだらかな丘陵地で日当たり、水はけ、昼夜の温度差など、ブドウ栽培の適地ですが、収穫前の時期の秋雨が長年の課題でした。1998年にある契約栽培農家が薬用人参で使用していた雨よけを設置したところ、飛躍的に品質が向上。2001年には、シャトー・メルシャンの名を冠した「新鶴シャルドネ 2001」の誕生に至ったのです。今では国内外で多数の賞を受賞する、日本を代表するシャルドネの産地の一つに成長しました。

会津美里町 新鶴地区

福島県会津美里地区に位置する新鶴地区はメルシャンが所有する最も古い歴史を持つ契約栽培地の一つで、1976年から本格的なシャルドネの栽培が始まり、2015年に40周年を迎えました。近年では雨よけ施設を設けることでブドウの品質が向上し、個性ある味わい豊かなシャルドネを収穫することができるようになりました。

標高
200m
土壌
砂壌土
品種
シャルドネ
仕立て型
棚式、一部垣根式

AREA MAP

シャトー・メルシャン

秋田県

大森町の「産業振興」要望に応え、1976年よりいくつかの品種で試験栽培を開始。その後、試験栽培と試験醸造を繰り返し、試行錯誤した結果、1982年にリースリングの定植が開始されるに至りました。1983年には試験醸造品として960本限定で「みちのく秋田大森ワイン」を初出荷。同時に大森ワインぶどう生産組合が設立されました。1987年には「みちのく秋田大森ワイン」が秋田県限定で6000本発売され、また現在まで継続して実施されている「大森ワインパーティ」の第一回が開催されました。1991年には辛口タイプも追加発売。2003年より栽培方法の改革を実施、雨よけを設置するなど品質向上に努め、2010年に「シャトー・メルシャン 大森リースリング 2008」の発売に至りました。

横手市 大森地区

秋田県横手市に位置し、メルシャンが1982年からリースリングの栽培に取り組んでいる地区です。冷涼な気候の下、栽培農家と良いワインを造るべく惜しみない努力を注いでいます。

標高
120m
土壌
粘土質
品種
リースリング、ケルナー
仕立て型
棚式

AREA MAP

シャトー・メルシャン