商品ラインアップ

  • アイコンシリーズ
  • テロワールシリーズ
  • クオリティシリーズ
  • その他

アイコンシリーズ

シャトー・メルシャン 
北信左岸シャルドネ リヴァリスChateau Mercian Hokushin Left Bank Chardonnay Rivalis

2017

北信地区・千曲川左岸の特徴を活かした
シャトー・メルシャン最高峰の白ワイン

テイスティングガイド
白(辛口)
MARIAGE
鶏肉のホワイトシチュー、サーモンのホイル焼きとの相性は抜群です。
概要
長野県北部、千曲川の左岸は粘土質を多く含み、豊かなアロマ、穏やかな酸味の調和のとれた味わいのワインになります。『リヴァリス』とはラテン語で「川」を意味し、千曲川を挟んだ左岸・右岸のワインが、高い品質で並んでいることに由来しています。
テイスティングコメント
コメンテーター:チーフ・ワインメーカー 安蔵 光弘

色合いはやや濃いめのイエロー。熟したパイナップルやマンゴーなどのトロピカルフルーツ、暖かい地方で産するオレンジなどの柑橘の香りが豊かに感じられ、ヴァニラやアーモンドの香りが上品に全体を包み込みます。柔らかい酸と豊かな果実味が口中にバランスよく広がります。(2018年3月)
ヴィンテージ情報
【2017年について】
3月まで雪解けは進まず、4月中旬までは降霜があり寒い日が続き、萌芽は昨年より5日遅れました。5月以降は平年並みの気候となり暑い日が続き、新梢は一気に生長し、ブドウの開花は昨年より2日遅れまで回復しました。6月下旬から7月上旬は蒸し暑さが続き、7月中旬の梅雨明け後は曇天や降雨による日照不足となりましたが、夏季剪定により風通しを良くするなどして健全なブドウの生長を助けました。その後糖度が上がるのを待ち、9月中旬から下旬にかけて収穫を迎えました。
基本情報
【産地】
長野県北信左岸地区(長野市豊野町)
【使用品種】
シャルドネ
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
9月中旬~9月下旬収穫
【発酵】
オーク樽にて18~21度で約14日間発酵
【育成】
オーク樽にて約6カ月間育成
【生産本数】
約2,500本

シャトー・メルシャン
北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫Chateau Mercian Hokushin Chardonnay RGC

2016

北信地区・千曲川左岸の特徴を活かした
シャトー・メルシャン最高峰の白ワイン

テイスティングガイド
白(芳醇な味わいの辛口)
MARIAGE
クリームソースを用いたお肉料理との相性は抜群です。
概要
長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが造られます。
このワインは千曲川の左岸に位置する長野市(豊野町およびその周辺)の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをシャトー・メルシャンで醸造、育成しました。
粘土質の左岸から生み出された豊かなアロマ、穏やかな酸味のとても調和のとれた味わいのワインです。
テイスティングコメント
コメンテーター:ワインメーカー 高瀬 秀樹

色合いは黄色。パイナップルやアプリコット、ネクタリンの他、暖かい地方の柑橘類の香り、ヴァニラや焙煎したコーヒー、アーモンドなどの香りが豊かに調和し、程よい酸味と豊かな果実味が口中にバランスよく広がります。
ヴィンテージ情報
コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一

【2016年について】
稀に見る積雪量の少なさと暖冬により、雪解けは早く、暖かさは春も続きサクラの開花は観測史上2番目に早い4月3日でした。萌芽は例年より2週間ほど早く、開花期は天候に恵まれ着果は均等でした。梅雨期は一時的に大量に降ったものの、丸一日続く雨はなかったため病気の発生はなく、健康的に生育しました。夏は猛烈な暑さで生育は一気に進み健全果のまま9月中旬に収穫を迎えました。
基本情報
【産地】
長野県北信地区千曲川左岸(長野市)
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
9月中旬~9月下旬収穫
【発酵】
オーク樽にて 22~24度で 約14日間発酵
【育成】
オーク樽にて 約6カ月間育成
【生産本数】
約4,300本

2015

北信地区・千曲川左岸の特徴を最大限表現したシャルドネ

テイスティングガイド
白(芳醇な味わいの辛口)
MARIAGE
クリームソースを用いた肉料理と合わせたい1本。
概要
長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが作られます。このワインは、千曲川の左岸に位置する長野市(豊野町 およびその周辺)の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをオーク樽にて発酵・育成したシャトー・メルシャン最高峰の白ワインです。粘土質の左岸から生み出された豊かなアロマ、穏やかな酸味のとても調和のとれた味わいです。
テイスティングコメント
黄金色。パパイヤ、ココナッツ、マンゴーなどトロピカルフルーツとヴァニラ、ナッツ、アーモンドなど樽育成に由来する香りをバランスよく捉える。穏やかな酸とバターのニュアンスが口中で持続する。長い余韻とともに、アンズやハチミツなどの香りも現れる。(2016年7月)
基本情報
【産地】
長野県北信地区
【使用品種】
シャルドネ 100%
【栽培方法】
垣根式栽培
【収穫】
9月下旬~10中旬
【発酵】
オーク樽発酵 20~22度 約20日間
【育成】
オーク樽育成 約6カ月間
【生産本数】
約5,000本

ICON SERIES LINEUP